水回りリフォーム

お住まいの中でも、キッチン・トイレ・お風呂・洗面所といった水回りスペースのリフォームはとくに人気◎
使用頻度が高く、水垢やカビなどで、汚れや傷みの生じやすい水回りは、リフォームを考えるお客様が多いようです。

最新の水回り設備は、デザイン性・機能性ともに抜群。
家族みんなが毎日使う場所だからこそ、わが家に合わせた使いやすいものにシフトしましょう。

キッチンリフォーム

じっくりと時間をかけたこだわりの調理や、お子様と一緒に楽しむクッキングなど……
ご家庭ごとのキッチンの使い方に合わせて、最適な提案をいたします。
収納力や、家事を行う時に便利なレイアウト、お手入れのしやすさなど、プロ目線でとことん使いやすさを考えます。

◇キッチンを選ぶ際のポイント
一般的にはキッチンの耐久性は15~20年が目安とされています。
そんなキッチンに少しでも問題が生じはじめたら、そろそろ入れ替えを検討しましょう。

従来のものと比べても最新のものはデザイン面・機能面ともに優れています。
しかしそれはライフスタイルや住まいの環境によって向き・不向きがあります。
その点を踏まえて以下をキッチン選びのご参考にしてください。

◎POINT
・キッチンの使いやすい高さは【身長÷2+5cm】
・ウォールキャビネットの高さは【床から145cm】
・ライフスタイルや家族構成に合わせたレイアウトにすること

もちろん、それ以外に合わせたお客様にピッタリのご提案があればプロ目線からもアドバイスさせていただきますので、ご安心ください。

お風呂リフォーム

一日の疲れを癒やし、リフレッシュするお風呂は、心地良さにこだわりましょう。
浴室暖房をつけて冬場も気持ちよく使えるようにしたり、足を伸ばして広々と使える浴槽にするなど、今のお風呂に足りない部分をお聞かせください。

◇お風呂リフォームのポイント
・癒しと快適性を追求
バスタイムは1日の中でもっとも心が落ち着く時間・空間という方も多いのではないでしょうか?
木目調やパステルカラーの壁、真っ白でつるつるとした浴槽など、好みのデザインを反映させることもオススメです。
間取り的に可能であれば窓を大きめに取って開放感を演出するのもいいでしょう。

・安全性の確保
転倒事故が多いお風呂場は、滑りにくい床材にすることが重要。
手すりを設置すると、さらに安全性は高まります。
またヒートショック現象が起こりやすい場所でもありますので、浴室暖房を設置したり、保湿性や断熱性に優れたユニットバスにしましょう。

・掃除の負担を軽減
防汚性に優れた素材を選べば、汚れやカビが付きにくいお風呂場に。
風通しを良くするためのレイアウト変更、抗菌・防カビ対策を施すことでお掃除の負担を軽くします。

トイレリフォーム

トイレは、お住まいの中で最も多くの水を使う場所。
最新型の省エネトイレに交換すれば、水道代の大幅節約も期待できます。
さらに汚れがつきにくい便器や床材にしておけば、お手入れもラクラク。
いつでも清潔な空間を維持できます。

◇トイレリフォームのポイント
・節水効果
各社の節水・省エネ対応トイレを開発・発売しています。
最新の機種には節水・節電効果の高い、家計にやさしいものが多くラインナップされています。

・お手入れを簡単に
家族だけでなく来客者も使用するトイレはいつでもキレイに保っておきたいものです。
タンクレストイレを選べば、タンクのお手入れが不要になり、スペースも広くなるため、お掃除がラクになるでしょう。

・これからのことを考える
住み慣れた家で長く安心して生活するためには、ゆとりのある広さ、手すりの設置、使いやすい器具選択など、将来に備えるトイレリフォームを行うことが大切です。

洗面所リフォーム

細々としたものの多い洗面所は収納がポイント。
出し入れしやすく見渡せる大容量の収納を備えた洗面台にすれば、いつでもスッキリ片付きます。
また湿気の多い場所なので、水に強い床材や壁紙にしてカビを防ぐことも大切です。

◇洗面所リフォームのポイント
・収納力を備えた洗面台
ドライヤータオル・日用品のストックなど、大小さまざまなものが収納されている洗面所。
「どこに何があるか」が誰にでもわかるような収納力に優れた洗面所にすることで家事の負担も軽減できます。

・照明とコンセント
ヘアメイクや髪飾りなど、朝の忙しい時間に身だしなみを整える洗面所は、電気系統の充実が重要。
照明の明るさやコンセントの数を適切なものにしておくとストレスなく使用できます。

・湿気に強い床材・壁紙
「子どもがお風呂から濡れたまま出てくる」「洗面時に水滴が飛び散る」
洗面所は湿気が発生しやすい場所でもあるため、水分に負けない壁紙材・床材を選ぶことが大切です。

一覧ページに戻る